u.flシリーズはどんなところで使用されているか

u.flシリーズの特徴は小型化、軽量化にあります。はめ合いのロック感はそのままではめ合い後の高さが世界最小レベルの低背化を実現しています。また、基板上の占有面積も従来品より小型化されています。そのため電波を利用する電子機器において小型化を目指す製品の多くに使われています。また世界最軽量レベルであることも多くの製品に選ばれる理由の一つです。最近の傾向として電子機器の薄型が重要視されています。様々な部品を集積して最薄化が求められています、その時にコネクタの高さは大きな問題になります。どれだけ薄型の電子部品を利用してもそれを接続する部分で大きなコネクタが大きくては意味がありません。はめ合い後の高さが低いと言うことはそれだけで大きなメリットになります。

周波数6GHzまでの電波利用機器に利用可能

電波には周波数によっていろいろな領域があります。低い方ではPバンドと呼ばれる0.25から0.5GHzの領域があります。この領域は、アナログコードレス電話や特定小電力無線などに使われています。周波数が1から2GHzではLバンドと呼ばれる領域で、テレビ放送や携帯電話などに利用されています。Sバンドは2から4GHzの領域を割り当てられていて、固定電話や移動体向けデジタル衛星放送、衛星電話などが利用しています。u.flシリーズは6GHzまでの周波数に対応しているので、これらの全てのバンドに対応することができます。コンシューマー用に販売されている多くの電波利用機器はこの周波数帯の中に含まれているため、ほとんどの機器に使用することができます。小型化を必要としている機器に有効に使うことができます。

小型化や軽量化によって受ける恩恵

電子機器が薄型にすることが難しかった理由の一つにコネクタの大きさがありました。どれだけ電子部品の小型化が進んだとしてもコネクタの形状が変わらない限り、それより小さくすることができないからです。u.flシリーズは、世界最小レベルのはめ合い高さを実現したことで薄型の機器に多く利用されています。例えば、携帯電話や無線LAN機器、Bluetooth機器などです。またカーナビなどに使われるGPSアンテナの接続にも利用されています。今ではノートパソコンに標準で実装されている無線関連の機能は、内部に無線LANやBluetoothのモジュールが搭載されていることで利用可能になっています。それらにu.flシリーズが使われることで軽くて薄型のパソコンを持ち歩くことができます。

確かな水準の部品を正規代理店としての価格でご提供しております。 サイトでは正規品やRochester製品、Mouser製品を販売しています。 ザイコストアポイントはさまざまな商品と交換ができます。 製品によっては1個から購入できる「ひとつから」サービスがございます。 お買いものでどんどんポイントがたまります! 何か緊急で調達しなければならないときはザイコストアにご相談ください。 u.flシリーズをお探しならザイコストア